2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

昔の名門ギルド

kage

2014/06/01 (Sun)

 二度目の記事投稿となる今回は、「紫鯖の名門ギルド」について触れようと思います。
2005年から現在まで9年間紫鯖で遊んできた私が、イメージと偏見から5ギルドを抽出しました。
なお現在目立って活動しているギルドは除いています。あくまで過去の思い出としてお楽しみ下さい。

 まず結果から。






・れっどすたー
→2009年から活動を初めたギルドで、当時2部EのSTAR'Sロンド=ベル新古都東口プロレス!などの強豪ギルドに肩を並べる実力を持っていました。平均レベルが他同ランクのギルドより低かったものの、それを感じさせない研究熱心さが印象的です(当時逆レベル補正というものも有りましたが)。個人的に紋章もギルド名にもセンスを感じていました。現在はどうなっているのかなと少々調べたところ、ギルドが現存している上に管理者のブログも稼動されていることが判りました。⇒"のっぽ活動記録"
印象深いギルドが現存しているというのは不思議と嬉しいものですね。


・ローエングリン
→2005年末に結成したギルドです。「合言葉は愛!」でご存知の方も多いのではないでしょうか。
ギルド名の由来は競走馬であり、ワーグナーオペラに登場する白鳥の王子なんだそうです。
2006年初めに紋章クエストが実装されましたが、いの一番に完成させたのが確かここです。
さらにギルド内イベントだけでなく、紫鯖全体を巻き込んだイベントも頻繁に企画なさっていました。
自らを「ローエンジャー」と呼び、クエスト遂行や困っている人に無償で援助する活動も印象的です。
わたがしWIZことヒース・エヴィさんの"お気楽支援WIZの日常"は当時紫鯖指折りの人気ブログでした。
アリーナ実装後もしばらく活動しており、制限ギルド戦に参入していた時期がありました。
残念ながらローエングリンのその後については情報が掴めませんでした。


ローフェニア
→2006年~2012年まで活動していた制限ギルド戦専門の強豪ギルドです。
格上の相手であろうとほぼ負け知らず、2部最強の名に相応しいギルドでした。
2部のギルドは大抵どこかしらに弱点を抱えていますが、ここは弱みが見えませんでした。
GMはつぶつぶオパールさんだったかな?戦場で見つけた次の瞬間天を仰ぎ、笑った思い出。
当時のHPを発見。⇒"ローフェニア" 戦跡を見ると懐かしいギルド名がわんさか。


城塞の牙
→メンバー同士の交流が非常に盛んで、オフ会も頻繁に開催してた様子。
戦力はもちろん高水準でしたが、それ以上に物理職の割合が異常に大きかったのが印象的。
サブギルドとして城塞の桜城塞の空が存在し、オールマイティに取り組んでいたギルドです。
2011年ごろ、ギルド戦の動画を今は無き「zoome」という動画サイトへUPすることが流行でした。
そこで城塞の牙ギルメンさんの投稿した動画を視聴し、勉強になることが多々ありました。


どすこい喫茶ジュテ~ム
→有名な殴りBISさんが居たギルド。剣士の金属さんはお元気かな?
紋章「美」の文字は一貫していますが、ちょくちょく外枠の色が赤や青に変わっている気がします。
よく検証ギルド戦の相手を引き受けてくれていました。アリーナ進出してしばらく後に休止に。



 以上が「私が選ぶ紫鯖の名門ギルド」5ギルドでした。振り返ってその定義を考えてみると、有名であったことや大規模であったこと、ギルド戦での戦力が高水準であったことはもちろんですが、それプラスアルファで印象に残る活動をしているのが共通項かなと思います。そしてそういうギルドの紋章は不思議と格好良く、また立派に見えるんですよね。 
 今回紋章のイメージを探すにあたり、"紫鯖紋章リスト(仮)""目印はこの顔""紫鯖紋章コレクション"の3サイトを利用させていただきました。こんなに紋章がついたギルドが存在していたんですね。紋章完成までの道のりは、各ギルド様々な苦労があったことを思うと、現在そのギルド群はどうなっているのかを考える際には、これがオンラインゲームの宿命と判りながらももの寂しい想いです。

この記事へのコメント

kage

なつかしい
まとめてくれてありがとう

Posted at 19:44:35 2017/03/30 by

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する