FC2ブログ
2019 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 02

J.J.エイブラムスに称賛を贈る

kage

2019/12/30 (Mon)

「スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け」
公開初日に観てきました。

※注意 ネタバレ有(未視聴者は下の罫線まで飛ばしてください)

旧・新・続三部作の完結作品として注目を浴びる本作。かなり前からこの日を待ちわびていました。
思えば私がスターウォーズと出会ったのは中学生の頃。
部活の友人たち8人くらいで自転車に乗り、遠路はるばる皆で観に行ったのがきっかけでした。
当時はさほど熱はありませんでしたが、公開後クラスの半分くらいで話題になっていた記憶があります。

そこから日は空き、映画鑑賞の時間が取れるようになった大学生時代。
ここでレンタルDVDで1~6をいっき観し、すっかり取り込まれてしまいます。
ただ、6で無事ハッピーエンドに落ち着き完結した作品だと思い込んでいたため、
それ以上何かを期待するものでもなく、良いシリーズだったなという感想を持つに留まっていました。

それが社会人になり、続三部作として「フォースの覚醒」が公開されました。
すっかり終わったシリーズと思い込んでいたものの続編が誕生し、どう派生していくのか楽しみでした。
その二年後に「最後のジェダイ」が公開され、これも劇場で鑑賞しましたが
観ながら熱がどんどん冷めていく内容のヒドさであり、裏切られた思いでいました。

この中での最終作ということで、最後のジェダイでガン落ちした中でもうどう裏切られてもいいや、
くらいの気持ちで「スカイウォーカーの夜明け」を鑑賞したわけですが、率直な感想として

「よくやった!」

という賛辞を贈りたいですね。こういうスターウォーズが見たかったんだと。

巨悪を倒すために一つ一つ力を合わせ乗り越え、ライトサイドとダークサイドとの間に揺れ動く主人公。
幾度もピンチがやってくるが、必死に戦うレジスタンスの加勢にやってきた正義の反乱勢力。
レジスタンス戦闘機に対するパルパティーンの攻撃が貧弱すぎるとか、
フィンポーレイが前線で頑張る中レジスタンス基地はなんとも平和ボケしてるとか、
C-3PO結局の記憶もとに戻るやんけ!とか、そんなのは枝葉の部分なんです。

3回くらい泣きそうになりました。
「俺の知っているスターウォーズが見たかった」という思いもあったように思います。
EP8でライアンジョンソンによってぶっ壊されてしまいましたが、よくぞここまで修正してくれた。

なお、EP10はまたライアンジョンソンが監督を務めるという悪夢のような話を聞きました。
もしこれが実話になれば次回は本当に観ないか、レビューサイトの評価次第でダメ元で観に行くかですね。



攻城戦

2019/12/28 21:00 ロンド=ベル vs 北海道ギルド【なまら】


2019/12/28 22:00 うさみみふぁみりぃ vs Spinel


2019/12/28 23:00 いちご vs Heavy Lance



<おまけ>
ロンド=ベルの公示、こっそり「お疲れウメ」に変えても誰も気づかない説、立証

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する