FC2ブログ
2018 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 04

MVP残党は去れ

kage

2018/03/11 (Sun)

●カミ=イベ再来


25本で売却


50本で売却


90本で売却

神秘鏡が出現






えぇ・・

30本で売却

これに味をしめ、呪い+低下+KO指を作ろうとする



予定調和


●今日の神アイテム

あれ、作ろうとしてたものが露店に並んでる・・

ここまでやっても20本で売れ残りか。作るのやめとこ

言葉が出ない


指に薬回復Lv3てついたっけ?


手ーズ


頭ーズ


背耳ズ


シューズ


リング


※アリアンで売れ残っている価格です。実態相場はこれより低いことが予想されます


●攻城戦

風林火山 相手放棄


魔法陣グルグル 寝落ち

ロンド=ベル 寝落ち

WinterBreeze♪ 寝落ち


●MVP残党は去れ(※REDSTONE無関係記事)



昨年最下位でシーズンを終えたロッテ。
井口新監督や元ロッテ・ホークスコーチ陣等指揮官を新たに新シーズンのスタートを切りました。
そんな新生ロッテに期待してファンクラブ「TEAM26」に加入した方も多いのではないでしょうか。

現地観戦の経験がある方ならご存知だと思いますが、外野席には必ず応援団がいます。
そしてロッテの応援団はウィキペディアの記事になるほど物議を醸した過去があります。

特に問題となっているのが2009年まで応援団の主導権を握った「M.V.P.(マリーンズ・ビクトリー・プロジェクト)」の存在です。

2009/09/26 ロッテ対オリックス戦。
今年限りでバレンタイン監督との契約打ち切りを発表していたロッテフロントに対し、
MVPがそれを中傷する横断幕を掲げます。





余りに酷い内容であったため、試合後のヒーローインタビューの場に昇った西岡選手が
それを諫める内容のコメントを残すと、これに反発したMVPが翌日の
2009/09/27の試合で、今度は西岡選手を中傷する横断幕を出します。



参考映像→YouTube「西岡のヒーローインタビュー&27日それに対する反応」

MVPは横断幕掲示だけに留まらず、西岡選手の打席での応援を拒否。
凡退テーマを垂れ流す嫌がらせに出ます。

(MVPでない)ロッテファンにより西岡選手を応援する自発的なコールが起きましたが、
MVPはトランペットを適当に鳴らしてこれを妨害。
MVPに対する「帰れコール」がファンの間で湧き上がりました。



参考映像→YouTube「西岡応援を邪魔し帰れコールされる応援団」

2009/10/06、シーズン最終戦で球団にMVP側が謝罪し解散、
MVP幹部は以降の球場出入り禁止処分となり決着しました。

翌年2010年からの応援は神俊雄(ジントシオ)さんがリードする千葉ロッテマリーンズ応援団が指揮を執ります。
2016年に高橋慎さんに団長が継がれ(FaceBook記事)、以前からのロッテ名物応援歌が復活します。
以下その代表的なもの3つ。

▼チャンステーマ1(2010年日本シリーズ優勝時にナゴヤドームで流れたもの)


▼スキンヘッドランニング(大チャンステーマ)


▼エリーゼ(得点テーマ)


しかし。
2016/08/21 応援団のFACEBOOKにて復活した応援歌を今後取りやめることが発表。
明言はされていませんが十中八九旧MVPからの圧力があったものと推測されます。

以降この発表通り人気の応援歌が球場で使われることはありませんでした(井口引退試合を除く)。
応援団のFACEBOOKを覗くと、ほとんどの記事に対して
ここで取りやめになった人気応援歌の復活を望む声や、
コール中心の応援より個別応援歌の演奏を望む声がコメント欄に溢れています。

いまロッテ応援団について議論の焦点となっているのは
・応援歌の使用頻度
・過去からの人気応援歌を採用するか否か

この二点です。

先日僕もロッテのオープン戦を観戦しにいきましたが、
やたら「オイ!オイ!荻野!」「かっとばせ かっとばせ 岡田」「オイ!オイ!ドミンゴヒット」など
応援歌ではなく選手名を連呼するだけのコールが多かったのが印象に残りました。

同じ様に感じられた方は他にもいた様で、
千葉ロッテマリーンズ 柏の葉後援会
旧応援歌の使用取り止めに思うこと。
などなど「ロッテ 応援歌 出し惜しみ」で検索するとブログ記事が沢山出てきました。

応援の気持ちを盛り上げる上で応援歌は有用なものだと思います。
なぜ使わないのか?使いたくないのか?使えないのか?使う度胸もないのか?※YouTube

と疑問です。沈黙する時間も多く、何度「応援歌やろうよ!」と後ろに向かって叫びたくなったことか。
また5イニングまでは頑なにチャンステーマを演奏しないそうです。これも変では?
平日のデーゲームだったせいか、ガラ悪い人も混じっていました。牽制でブーイングしてる人もいました。

勘違いしてほしくないのは、MVPの復活を望んでいるわけではありません。
彼らはやってはならないことを行い追放された身です。二度と戻ってきてほしくはないです。

今の応援団が歴代の応援歌を交えて演奏し、その頻度を高めていけば僕的には一番いい決着なんですけどね。
MVP残党は去ってください。

参考:なんJネタ年表「MVP」

●連結

多分現在進行形