2014 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2014 12

いい肉の日のアリアン

kage

2014/11/29 (Sat)

本日11/29は「いい肉の日」です。
宮崎県のより良き宮崎牛づくり対策協議会が宮崎牛の品質をアピールする目的で制定したものです。
現在ではこれに全国食肉事業組合連合会が乗っかり、毎月29日を「肉の日」、08/09を「焼肉の日」として、
食肉の販売促進や様々なイベント・キャンペーンを展開しています。

今日はREDSTONE蝕鯖より、いい肉の日のアリアンの様子をお伝えします。

*露店アイテム検索機能でヒットした価格を掲載しています
*複数ヒットしたアイテムについては価格の低い方を掲載しています
*この価格が必ずしも相場ではなく、売れ残っている価格であることをお含み下さい

<武器> 11/11 11/22 11/29
T移動速度2エアNx 250本 250本
TダメリベンジNX 100本
TダメパイレーツハンターNx 70本
攻速50IFダガー8 35本
ダメ140%DS弓 40本
DS弓 13本14本



<手・靴・鎧・首・頭> 11/11 11/22 11/29
T知識ユニコーン 150本
T健康ジャンクケース 100本 100本 80本
T攻速2バター 100本
T健康ストライダー 120本 200本 200本
TRSスピコマ 120本
TRS黄金ブーツNx 150本 110本 110本
壊れたTRS黄金ブーツ 85本
WHP+HPDX追跡人 200本
T攻速2追跡人 120本
TRS追跡人 120本
THPジェノスター 70本
THPアメジスティ 100本
T知識精霊王 76本



<指輪> 11/11 11/22 11/29
T全異常DXワーム 200本 200本
TRSワーム 90本 90本 80本
TRS太極リング 65本
TRSタート 55本
T運太極リング 90本
T運ホロウ 80本
T運テスラ 80本
T力ハード 60本 52本 53本
T力テスラNx 60本
T力ソリティア 55本


<プレミアム> 11/1111/22 11/29
異次元BOX 6本 6本 6本
金増幅 3.7本 3.8本 4本
金再構成 1.25本 2.8本 1.3本
青増幅 1.8本 1.8本 1.5本
金エンチャ文書 60m 50m 55m
不思議な紺碧の壷 30m 30m 35m

2014WinterUpdate要点

kage

2014/11/25 (Tue)


本日13:40にメンテナンスが終了し、待ちに待った冬の大型アップデートが行われました。
今回の主な変更点9つをまとめると次のようになります。

①ギルドリミット戦システムの追加
②ギルドマスター権限委譲機能
③システムから設定可能な機能の追加
 ・フレンド&ギルドメンバーログインアラームOn/Off機能
 ・爆発エフェクトの画像表示濃度調整機能
④自己キャラクターへの支援スキル使用効率改善
⑤ベルセルク称号残り使用回数表示
⑥変異スパイダー増量
⑦新規カーペットアイテムの実装
⑧アニメコラボ企画
⑨クレスト課金キャンペーン

今回の記事では①~⑥を画像付きで速報として紹介します。ご参考にして頂ければと思います。
また、公式サイトによるアップデートに関する記事も併せてお読み下さい。



①<ギルドリミット戦システムの追加>
まずは今回のアップデートの大目玉、ギルドリミット戦システムからご紹介します。
予め人数上限とレベルの上下限を設定して戦う「ギルドリミット戦システム」が追加されました。


古都噴水の右上にある、ギルド戦申込事務室にNPC「バルセナ」が増えています。



バルセナに話しかけ、開始時刻を選択したあとの画面です。
参加人数の上限と、レベルの上下限をそれぞれ次の数値から設定することができます。
レベル下限→1 100 200 300 400 500 600 700 800 900
レベル上限→100 200 300 400 500 600 700 800 900 999
人数の上限→10人、15人、20人、25人、30人、35人、40人、人数無制限
それぞれを設定した後、通常のギルド戦同様1万ゴールドを支払い予約完了。
ここで設定した条件を満たさないキャラクターはギルド戦開始時刻になっても転送されません。



バルセナに話し掛けることでリミットギルド戦のランキングを見ることも出来ます。
「ワールド」の項目があることからこのランキングは全鯖共通で使用されるものと思われます。
なおこれらはギルドホールのNPCから行うことはできず、窓口は古都の申込事務室のみです。
よって現時点ではアリーナワールドでこれらの機能を使うことはできません。
公式アナウンスによると、「鯖内に試験的に先行導入し、今後アリーナ導入を検討する」とのこと。




②<ギルドマスター権限委譲機能>
予めギルマスが権限を委譲すれば、副マスor元老でもギルド戦を申し込めるようになりました。
権限の付与はギルドウィンドウ→管理ツール・ギルドガーディアン→権限設定で実行。
副マスターAは可能で副マスターBには不可能、というように個別に設定することはできず、
ギルド内順位単位での委譲設定となります。
画像の「副ギルドマスター」はドロップダウンで「ギルド元老」も選択できます。




③<システムから設定できる機能の追加>
・ログインアラームOn/Off機能


・爆発エフェクトの画像表示濃度調整機能
WIZの雷や地震、霊術師のドームや戦士のドラツイなどのエフェクト透明度を可変化。
プラスに近づけるほどどんどん見えなくなっていきます。



④<自己キャラクターへの支援スキル使用効率改善>
HPバーにカーソルを合わせることで、自分への支援系スキルが使用可能になりました。
これでアスヒがだいぶ楽になると思われます。


⑤<ベルセルク称号残り使用回数表示>
使用済み回数/使用可能最大数 で表示。
下の画像は一度も使っていない状態での表示です。
一度使った後はおそらく0/1回となるのだと思われます。



⑥<変異スパイダー増量>
新たにを3体づつ1セット、合計12体増量
(109.11)(7.15)(69.83)(43.49)に追加



⑦<新規アイテムの実装>
2013年のデザインコンテストで最優秀賞を獲得した「フラワードリーム」(カーペット)が実装されました。


⑧<アニメコラボ企画>キャンペーン特設ページ
メンテ後~12/09の期間、アカメが斬る!Boxがドロップします。
中身は金1本や太極リング、シャドウエンブレムなどが当たりアイテム。
また、[闇属性攻撃LV1][闇属性抵抗LV2]リングを入手した場合は抽選10名に特製コラボコスプレゼント。


⑨<クレクレ!クレストキャンペーン> →キャンペーン特設ページ
期間は①メンテ後~12/10 ②12/11~12/29
便利アイテム4000GEM交換毎に最高補正のクレストが入ったクレストBOXが手に入ります。

今日導入の「ギルド制限戦システム」に期待

kage

2014/11/25 (Tue)

 0時を回り、日付は11月25日になりました。冬の大型アップデートの予定日ですね。
エフェクトの透明度やログイン通知を自在に設定できたり、RS素材元のクモの数が増えたり、
ベルセルクの回数が表示されたり、HPバーで自分に支援がかけられるようになったり、
アニメとのコラボレーション企画の詳細が発表されたりするそうですが、
私が一番今日のアップデートで期待しているのは、↓コレです。



「ギルド制限戦システム」

その昔、2006年の秋頃に「逆レベル補正」と呼ばれる、対人戦において自身より高レベルのキャラクターへの攻撃には命中率やダメージが増加する仕様がありました(逆レベル補正を検証したブログ記事)。翌年11月のアップデートで無くなりましたが、今回はこれを強力にしてバランス化を図るものなのか。「レベル制限」とはアナウンスされていないため可能性はゼロではないでしょう。あるいはフィールド移動時にレベル制限をかける、レベル詐称を防ぐ程度の残念仕様なのか……。色々想像は膨らみますが、大人しくアップデートを待つことにしましょう。

アリーナも鯖内も、ある程度マンネリ化している昨今いい刺激になるかも知れません。
対戦相手の幅が広がる仕様になるとありがたいですね。



私は元々紫鯖で300制限戦をメインに遊んでいたプレイヤーです。

全鯖共通で慢性的な参加ギルド・プレイヤー減の悩みを抱えていると思いますが、
紫鯖でもご多分に漏れず相手が見つからないことが増えてきました。
制限戦が活発と噂される橙鯖との統合でそれも解消されるかと期待していましたが、
10月の鯖統合以降ギルド戦を組めたのが一度のみ、それも相手は元々紫鯖のギルド。

あちらこちらブログを散策してみたところ、制限ギルドは軒並み休止している模様。
では実際いま活動している制限ギルドはどれなんだ?と、
「ギルドHPが現存している」 and 「休止表明が無い」 and 「2014年に更新されている」
の条件で抽出したものが次のものです。

ギルド名 制限レベル サーバー 最終更新日
悠久の風 昭和 400 2014/11/03
えろりーな♪ 335 2014/04/19
【trash☆box】 300 2014/07/08
ATHENA3002014/01/08
うめもぐら倶楽部3002014/11/19
スクラッチ3002014/11/15
負けたら脱ぎます2502014/04/02

なんと、全鯖で見ても7ギルドしか見つかりませんでした(※他にあれば情報頂きたく思います)。
これは単に当日先入れしても簡単に相手が見つからない訳です。url

対戦相手がいないから課金や装備強化を止めたりログインを減らす→戦力を維持できるギルドが減る……の悪循環を脱却(一時しのぎかも知れませんが)したいものですね。今日実装のシステムがその期待に沿うものなのか、楽しみに待とうと思います。



追記:情報提供いただきました。
宵鯖400制限 Respect (更新は2012/04で停止)
黒鯖335制限 BRAVEHEART (HP無し)
黒鯖335制限 Lapis_Lazuli
紫鯖300制限 満州鉄道 (HP無し)
紫鯖250制限 Far_East_Mirage_Core (HP無し)

いい夫婦の日のアリアン

kage

2014/11/22 (Sat)

 本日11月22日は、「いい夫婦の日」。
今から26年前の1988年、財団法人余暇開発センター〈現:財団法人 日本生産性本部〉が、
夫婦で余暇を楽しむゆとりあるライフスタイルとしてこれを提唱したのが始まりです。

WEBサイトやロゴマークもあるそうです→「いい夫婦の日」 http://www.fufu1122.com/

そんな今日のアリアンの様子をお伝えします。

※矢印の左側が11/11、右側が11/22の値段

<スーパーユニークアイテム>
・T移動速度2エア・ウェイダーNx 250本→250本
・T移動速度DXニケの靴 200本→200本
・TRS黄金ブーツNx 150本→110本
・T健ストライダー 120本→200本
・T健ジャンクケース 100本→100本
・TRSワーム 90本→
・T力ワーム →85本
・T全異常DXワーム →200本
・T力ハード 60本→52本
・ダメ140%DS弓 →40本
・DS弓 →13本

<プレミアムアイテム>
・異次元BOX 6~7本→6~8本
・金増幅 3.7~4本→3.8本
・金再構成 1.25~3本→2.8本
・青増幅 1.8~2本
・青再構成 →1.5~2本
・壷 3000~4000万→3300~4000万



<プレイヤー主催紫壷イベント>



今日の夕刻頃、古都西口にて。
休日とはいえ夕方にこれほど人がいるんですね。
サーバー統合前の紫鯖では考えられられない光景でした。

ポッキーの日のアリアン

kage

2014/11/11 (Tue)

 今日11月11日は、ご存知ポッキー&プリッツの日。
お菓子と日付の数字「1」の形状をかけたもので、
平成11年に日本記念日協会の認定を受けました。
そんなポッキーの日のアリアンの様子をお伝えします。



・T移動速度2エア・ウェイダーNx 250本
・T移動速度DXニケの靴 200本
・TRS黄金ブーツ 150本
・敏運運スタチューブーツNx 150本
・健運運アンチ 120本
・T健ストライダー 120本
・Tダメ150トゥルーリベンジNx 100本
・T健ジャンクケース 100本
・TRSワーム 90本
・T全異常抵抗DXテスラ 85本
・T敏スピコマ 80本
・T健シグ 80本
・T力ハード 60本
・ダメ142% IF7弓 12本

・攻速102%皮手 28本
・攻速94%+威厳1/2山杖DX 25本

・異次元BOX 6~7本
・金増幅 3.7~4本
・紫壷 3.5本
・金再構成 1.25~3本
・青増幅 1.8~2本
・金エンチャ文書 5000~7000万
・壷 3000~4000万
・ボンド 500万

紫鯖ギルド φLAST RAVENφ (2/2)

kage

2014/11/04 (Tue)

 前回の記事の続きです。
文章が多いので、今回は懐かしの画像をメインにした記事にして行こうと思います。



最近のギルド活動というともっぱら対人戦やポイント戦ですが、
マップ地形を利用してシチュエーションを作る楽しみ方もよくしていました。
141111_02

当時の流行、「デカ文字」「アスキーアート」。狩場でデカ文字を使うと一目置かれました。
141111_01 141111_10

当時のギルド戦。懐かしいマップですね・・・湿地の戦場での一コマ。
141111_04

この紋章はMephisto☆さんのものですね。
141111_03

メテオ!そういえばこの頃は右下のPTメンバー表示はいびつでしたよね。
141111_05

砂漠の疾走でのギルド戦。このマップ改良して復活しないかなぁ。。
141111_09

ここは・・中央に塔がある左右対称のマップですね。
141111_11

ギルチャ。懐かしい名前がちらほら・・
141111_12

初期ののポイント戦。ラスボスがダリオンでしたね。
141111_07




 今回の記事は当時のギルメン、慎夜さんのブログ「今の私に出来る事。
からいくつか拝借してきました。懐かしい光景、懐かしい景色・・・

φLAST RAVENφの初代GMはリトルミノスさんですが、
諸般の事情でしばらくの間さざなみさんが二代目GMでした。
リトルミノスさんが復帰したと思ったらすぐに引退されるとのことで、
【Ω】さんが三代目のGMに。それ以降のことは僕もわかりません。

僕は最近復帰して細々と続けています。皆は元気でいるんでしょうかね。
鯖統合で名前も変わり、仮に今すれ違っても気づけないのかなあと思うと少し寂しいです。

リトルミノスさんが作成していたギルドHPは現在閉鎖されているため、
φLAST RAVENφ関係の記録は少なくなりました。
懐かしさを込めて関連リンクをいくつか貼っておきます。

φLAST RAVENφ連絡板
φLAST RAVENφ三代目GM【Ω】さんのギルドブログ
ギルド掲示板ストレイツォさんのしたらば掲示板
今の私に出来る事。 慎夜さんのブログ
創夜の日記創夜さんのブログ
モエナッチのオレンジRS日記もえなっち。さんのブログ
お気楽支援WIZの日常ヒース・エヴィさんのブログ
+Water三代目GM【Ω】さんの個人ブログ


慎夜さんのブログに当時ギルドメンバーの足跡が結構残っているので、
触発されて前回・今回の2記事を書きました。
もしかしたらふと思い出したときに検索して、この記事が引っかかれば幸いです。
是非名前付きで足跡を残していってください。

紫鯖ギルド φLAST RAVENφ (1/2)

kage

2014/11/02 (Sun)

 2005年9月8日に第7ワールドとしてオープンした紫鯖は、
先月15日に橙鯖と統合し「エクリプス」鯖へと名前を変えました。
来年はREDSTONE10周年を迎え、運営チームでは初の試みが複数企画されているようです。



 半年振りに思い出したように更新する今回の記事は、
僕がREDSTONEを始めた9年前に最初に出会ったギルド「φLAST RAVENφ」に関しての回顧録です。

現在の商業中心地はアリアンになっていますが、
初期は古都・ハノブが二大都市であり、ブリッジヘッドやアウグスタには点々と露店が並ぶ具合でした。
PTリストなどの便利なシステムも未実装で、拉致PT勧誘の方法も浸透していないので
ネスフェリンやチョキー、サラや王宮の辺りに集合場所を設けることが多かったですよね。

map

REDSTONEを始めた直後、僕はウィザードを選択し古都西口で病気のコボルトクエを繰り返していました。
そういえば昔のmobはほとんどがアクティブでしたよね。
回復手段が乏しいのでアクティブのレイジゴーストに何度やられたことか・・

コボクエに飽きたら今度は称号クエストにはまりました。
レッドストーン称号クエスト」という攻略サイトも見つけ、
こりゃいいぞと銀行顧客・ポーター・マップ製作者・シティウォーカーなどの称号クエストに手をつけていきます。

最初のうちは攻略サイトのお陰で順調に称号グレードを上げていましたが、
ついに初めて行き詰ります。シティーウォーカークエストの1です。

バリアートで受託しスマグまでマラソンをするクエストですが、
バリアートを西に出たマップには殺人蚊の群れが集団でpopしています。
このmobが非常に厄介で、クリティカル率が高い上に移動速度がとんでもなく早い。
当時レベル50そこそこの僕では簡単にやられてしまいます。
それまでの他のクエストでは戦闘不能になれば「街に戻る」を選択し、
古都に戻れば他のことができたのですが、
今回は一度バリアートに足を踏み入れたため、戻る街は当然バリアート。



「もう皆がいる古都には戻れないんじゃないか」
「このゲーム、詰んだかもしれない」

今となっては大げさに感じますが、当時の僕にとっては悲しみや寂しさが混じった本当に深刻な悩みでした。
ワラにもすがる思いでサブキャラを作成し、古都で助けを求める叫びをします。

そこで声をかけてくださったのが、φLAST RAVENφのギルドマスターであったリトルミノスさん。
水色のアーマーを纏った頼れる剣士さんでした。
バリアートでPTを組んだ後、紙な僕に盾を回しながら殺人蚊のタゲを集め進むその姿はまさに憧れ。
ブリッジヘッドまで護送して頂いたあと、勢いで強さの秘訣を教えて貰おうと暫くチャットをしていました。

「ギルド戦でプレイヤースキルを磨いてるよ^^」
ギルドという存在・概念すら知らない当時の僕は「???」状態でしたが、
話を聞くうちに興味が沸き、入れて貰うことに。

こうして無事、ギルドデビューを果たします。



 前置きがかなり長くなりましたがここまでが私のφLAST RAVENφとの出会い編です。
次回は当時のギルド戦などの活動について触れようと思います。→続きの記事へ